2002年12月 KING POLE

2002年9月サウスポート・クラウンフェスティバルに出演

そのときのことが記事になった。

雑誌が発行されて半年くらいたったころ、サーカス・ファンの知人が「こんなものを見つけたけど、知ってる?」と送ってくれた。もちろん、知らなかった。

KING POLE 表紙

2002/12 KING POLE

2002年11月 雑誌 Clowning Around

2002年11月クラウン情報誌クラウニング・アラウンド

表紙と記事

200211ClowningAround

 

ワールド・クラウン・アソシエーション会長、Dr.リチャード・スノーバーグ※がロネとジージを紹介しているページ。翌年の3月にあるコンベンションにヘッドライナーとしてフューチャーされたので、この紹介記事となった。

※ウィスコンシン大学教育工学教授

200211ClowningAround_3

OPEN SESAMEのクラウン学習メソッドの紹介とクラウンの哲学を紹介しているページ。

200211ClowningAround_2

1991年 モスクワ <アレーナ>

 

 

1991年10月の終わりに、当時ソ連だったモスクワで、「モスクワ国際クラウン・フェスティバル」が開催された。

1991年モスクワ

主催団体は、ユーリ。ユーリ・ニクーリンを実行委員長に、実質運営は、動物サーカスで有名なドゥールバの娘があたった。

旧ソ連圏各国各地から300名の劇場クラウンが集まり、西側からは、ロネとジージ、アメリカからも2名のクラウンが参加。

このフェスティバルの参加は、さまざまな意味で衝撃的なカルチャーショックとなり、後のロネとジージに大きな影響を与えただけでなく、後にOPEN SESAMEモスクワ支局と自称してくれるジャーナリスト、ヤーシャと運命的な出会いでもあった。

左は、「アレーナ」というサーカス情報誌。

 

 

 

 

 

モスクワ